知っておくと損しない原付バイクのちょっとしたこと

今や手放せない原付バイク

最寄駅までちょっと距離があるため
毎日の通勤には原付バイクを使ってる。

 

それまではバスだったり自転車を使ってましたが
どちらも微妙に不便です。バスだと時間を気にする必要ありますし
自転車だと帰りは良いですが、行きは朝から運動する気になれないこともあります。

 

夏場なんて駅まで行くだけで汗がスゴイことになるため
その後、満員電車に乗るのに気が引けます。

原付バイクなら駅チカの駐輪場に停められるし、
荷物だってヘルメット入れるところに入るから大変便利です。

何より経済的というのが最大の利点です。

原付バイクの経済性

当然ながら原付バイク自体はそれなりの値段しました。

中古で良いのがあればよかったんだけど、良い車両がなかったため新車で購入しました。

 

なんやかんやで18万くらいしたと記憶しています。
それなりの出費になりましたが、車を買うと思えば圧倒的に安いです。

次に燃費です。

原付バイクということで軽いことから燃費がめちゃくか良いです。
正確に計ったことありませんが、おそらく40~50キロくらい走るはずです。

もしかしたらもっと燃費良いかもしれません。
とにかくお金がかからないのが原付の良いところです。

他にかかるお金といえば、保険くらいかな。

保険については自賠責保険は絶対に入らなくちゃならない保険のため
これは強制的に加入しますが、任意保険は加入義務ないため自由です。
一応入っていますが年間の保険料は1万円未満で入れちゃってます。

自動車保険の特約で入っちゃう!

原付単体で任意保険に入るとそれなりの負担になっちゃいます。
そのため、自動車保険の特約でバイク保険をつけちゃうのがオススメです。

 

125CC以下のバイクならファミリーバイク特約というのをつけることで
めちゃくちゃ安く原付バイクの任意保険を用意することができるのです。

この特約は本当にオススメです。

原付の自賠責保険に関しては原付も特約とかではなく
ちゃんと個別に入らなくちゃなりません。
自賠責保険は任意保険違い法律で加入が義務づけられているため
絶対に入っておく保険です。

これは車・バイクに限らず強制保険なので、原付も例外ではありませんから注意しましょう。

 

原付の保険料について

原付の任意保険はファミリーバイク特約で入ることで安く抑えているため
自賠責の約1万円とあわせると年間2万円以内となっています。

 

毎月で考えても1,000円~1,500円くらいなのでかなり経済的です。

 

ちなみに自賠責保険は1年~5年の期間で入ることできるんですが、
期間をきちんと考慮して入る必要あります。

 

最初、何も考えずに1年で入っちゃいましたが、長期で入ったほうが相当オトクだと知りました。

こういったこともちゃんと調べてから入らないとダメですね。